【あなたの命を脅かす】海水浴後48時間で男性が死亡。原因は日本の海にもいる〇〇。|KNOWHOW
王手

【あなたの命を脅かす】海水浴後48時間で男性が死亡。原因は日本の海にもいる〇〇。

夏の旅行で娘のいるフロリダを訪ねたデイブは、夏のレジャーの定番「海水浴」の48時間後に亡くなった。

その死因を娘のチェリルがFacebookで公開、注目を集めている。

 

夏休みで海水浴に出かける人が多いこの時期、日本の海にも生息するある生き物があなたの命を脅かすかもしれない。

海水浴に行く予定のある人は読んでおいた方がいいかもしれない。

 

デイブの死因

デイブの死因は「人食いバクテリア」。

都市伝説としか思えないこの「人食いバクテリア」がデイブの命を奪ったのだ。

 

デイブと家族が娘のチェリルを訪ねる前、チェリルは偶然テレビで「人食いバクテリアに襲われた12歳の少女」を見たのだ。

人食いバクテリアがその少女の傷口から侵入し、細胞を食べ始めたという衝撃的なニュースだったが、チェリルは信じないようにしていた。

まさか自分の父親が人食いバクテリアによって命を落とすとは知らずに…

 

デイブの症状

海水浴時、デイブの体には傷はなく、両足にもスパッツを履いていた状態であった。

ところが、海水浴の12時間後の夜中、デイブは高熱と悪寒で目が覚めた。

その後、足に激しい痛みを覚え、背中は黒く腫れあがった。

There will forever be a missing piece of our family but thank God for giving him to us, for this last week we all had…

Cheryl Bennett Wiygulさんの投稿 2019年7月7日日曜日

 

病院に搬送され、検査を受けたが、体中に腫れものができはじめ、その後死亡した。

 

人食いバクテリアの生息時期

専門機関によると、人食いバクテリアは5月から10月にかけて生息し、アメリカでは今まで人食いバクテリアによって亡くなった人は100人に上るという。

海水浴に行く場合は、その海で人食いバクテリアによって亡くなった事例がないかを良く調べてから行く必要があるかもしれない。