新社会人へ「職場のストレス、パワハラにうんざりしてない?」覚えておきたい3つのこと|WakuWaku ブログ
仕事

新社会人へ「職場のストレス、パワハラにうんざりしてない?」覚えておきたい3つのこと

アイキャッチ画像

みなさんこんにちは!takumaです!

 

新社会人のみなさん、4月から社会人になっていかがですか?

 

環境が変わって、今までの学生生活とは全然違いますし、大変なこともたくさんありますよね。

 

中には「なんか思ってた仕事と違う…」「人間関係が疲れる」「辞めたいな…」なんて思っている方もいるかもしれません…

 

今回は社会人11年目の私が私自身の経験に基づいた、働く上で覚えておきたい3つのことをご紹介したいと思います。

 

 

この記事はこんな方にオススメ

  • 仕事が嫌になってきた
  • 上司が嫌い
  • 職場の人間関係が疲れる
 
特に仕事を始めたばかりの新社会人の方々の参考になれば嬉しいです。

 

 

 

私の新人時代

 

私の新人時代は悲惨なものでした。

 

パワハラは受けるわ、残業はひどいわ、イジメにあうわで、仕事に行きたくない日々を5年ほど送っていました。

上司からのパワハラ

 

なんとかしがみついていましたが、辛い思いをしていました。

 

人間関係も疲れるし、嫌な上司やムカつく先輩はたくさんいるわで。

ストレスを大量に浴びながら仕事をしていました。

 

でも色々生き方や、働き方の勉強をしていくうちに、自分の考え方や価値観、働き方に変化が表れました。

 

社会人11年目の今は仕事に行くのは苦じゃないですし、ストレスもほぼなく、定時にしっかり帰るという働き方をしています。

 

今の考え方を若い時の自分に教えてあげたい」というのが正直なところです。

 

私は考えました。

 

「私の若い頃のように苦しんでいる社会人はたくさんいる。そんな人たちのために役に立てるようなアドバイスをしたい」と。

 

 

これから紹介する3つの考え方は辛い経験を乗り越えた私が常に念頭においていることです。

 

人によって考え方は違うので、「理解できない」と思うかもしれませんが、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

 

最初からうまくはいかない

 

仕事を始めたばかりで、ミスばかりして、怒られていませんか?

 

怒られてへこんで、「俺(私)ってなんてダメなんだろう…」と思っていませんか?

 

失敗していいんですよ。

 

何回でも失敗していいんです。

 

最初からうまく行く人なんてこの世にいません。

 

新しいことをする時は必ず失敗がついてきます。もれなくついてきます。絶対失敗します。

 

だから、うまくいかないからといって自分はダメなやつだとは決して思わないことです。

 

何回やってもできなくてもいいんです。

成長するスピードなんて人それぞれ違うんです。

あなたはあなた。人と比べる必要はありません。

 

こんなことできるのが普通だろ!」と言ってくる先輩や上司がいるかもしれません。

むかつく上司

 

そんな時は、心の中で「は?なに言ってんの?」と言ってやりましょう。

 

この世の中に普通なんてありません。

 

10人いれば10人それぞれの色や特徴があるんです。

 

個人の価値観から生み出された「普通」なんかに縛られる筋合いは到底ないですよ。

 

大丈夫。

 

それに叱ってくる先輩も最初はできなかったはずです。

 

そんな先輩は自分の新人の時の姿を忘れて怒ってるだけ。

もしくは、自分もやられたから後輩にもやる。

 

残念ながら、そんなみみっちい人間がこの世にはたくさんいます。

 

そんなかわいそうな人間は放っておきましょう。

あなたはあなたのペースであなたの道を行けばいいんです。

 

怒られても、

「あ、そう」と流せばいいんです。

 

 

結果を出さなきゃと頑張らなくていい

 

仕事を始めたばかりの頃は、「頑張らなきゃ!」とか「結果を出さなきゃ」と考えがちですよね。

 

頑張るのはいいですけど、頑張りすぎないようにしましょう。

自分が壊れない程度にほどほどにしましょう。

 

むしろちょっと手を抜くくらいがちょうどいいですよ。

 

なぜなら、いっくら頑張っても給料は変わらないですし、上がったとしてもたかが知れてています。

 

そんでもって、あなたが頑張っても会社の利益になるだけです。

「会社がすごい」と言われるだけです。

 

悪い言い方をすると、「社員は会社のコマ」です。

そして「部下はコマ」と考えている上司が日本にはごまんといます。

本当にたくさんいます。

 

結局そういう人たちは自分のことしか考えていないんですから、そんな人たちのために頑張らなくていいですよ。

 

自分の時間を潰して、かけがえのない人との時間を潰してまで働く必要はないです。

 

ほどほどでいいんだよ。ほどほどで。

 

 

仕事が人生じゃない

 

仕事を始めるとなんだか仕事を中心に回っている感じがするけど、そうじゃありません。

 

楽しい人生を送るために働いているんですよね?働くために生きているんじゃないです。

 

みんな心ではわかってるはずです。

人生の方が大切だって。

その順番を間違えないようにしてください。

あなたはあなたの人生を思いっきり楽しむ権利があることを忘れないでください。

 

人ひとりが生まれてくる確率を知っていますか?

250兆分の1です。

途方も無い確率です。

宝くじに当たるとかそんなレベルの話じゃありません。

 

もう同じ人生は二度と歩めません。

生まれてきたことってのは本当に奇跡なんです!ミラクルなんですよ!

 

そんなかけがえのない自分の人生が会社のために、嫌いな上司のために無駄になっていいんですか?

 

一生後悔しますよ!

 

働き方改革とかなんか変なこと言っていますが、日本の働き方は変わりませんよ。

 

だって働き方改革を歌っている政治家たちは今まで家庭を省みず、仕事中心で人生を送ってきたんですから。

 

そんな人たちに働き方を改革できると思いますか?

私は思いません。

 

そんな信用ならない政策に頼らずに、自分で自分の働き方を改革するしかないんです。

 

残念ながら日本の労働時間は世界でもトップクラスです。

 

しかも、周りの目を気にして「帰りづらいから…」とか、「周りからなんて言われるかわからない」「サボってると思われたら嫌だ」と考えてうだうだと働いているフリをする残業がほとんどです。

残業、社畜

 

まあ、本当に忙しすぎて残業している人がいるのも確かですが。

 

海外では残業している人は「効率の悪い、仕事のできない人」と思われます。

日本がおかしいんです。

 

そんな無駄な時間を過ごしているくらいなら、「引き揚げます。お疲れ様でした」と定時に帰って、好きな人と楽しい時間を過ごした方が1億倍幸せですよ。

 

仕事が全てじゃないです。

あなたの人生はあなたのもの。

自分にとってなにが一番大切なのかを見失わないでください。

 

新社会人のみなさん、そんなに頑張らなくていい。

大変で辛いならそんな会社やめたっていいんです。

幸せに生きることに集中してください。

幸せに生きることのイメージ写真

 

以上、新社会人へ「職場のストレス、パワハラにうんざりしてない?」覚えておきたい3つのことでした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。