【早起きは三文の徳】~朝の時間を有効活用、朝活で自分磨き!~|KNOWHOW
生き方

【早起きは三文の徳】~朝の時間を有効活用、朝活で自分磨き!~

f:id:knowhow-takuma:20180809181229j:plain

 

おはようございます!

 

みなさんはいつも何時に起きていますか?会社に行く、もしくは出かける時間のぎりぎりまで寝ていたい!という人も多いのではないでしょうか。

 

私も以前は「ギリギリまで寝ていたい」派だったのですが、最近は仕事に行く時間の3時間前に起きています。

 

「そんなに早く起きて何してるの?」とよく言われます笑

 

これから朝の時間を活用することのメリットと実際私がやっていることをご紹介したいと思います。

 

【早起きのメリット】

 

1.誰にも邪魔されない

誰しも自己啓発のためにやりたいこと、やるべきことはあるかと思います。しかし、「邪魔をされてしまう」「子供の面倒を見なきゃだし」「面白い番組があるし」のように、自己啓発活動をしたい自分を妨げる要因はたくさんあります。

 

でも朝は自分一人だけです。面白いバラエティーの番組もやっていません。自分のやりたいことを思う存分できるのが朝の時間です。

 

2.集中力が高い

人間には集中力があり、その集中力は電池のようなものだと言われています(メンタリストのDAIGOさんはこれをウィルパワーと呼んでいます)

 

朝の起きたばかりの時は充電マックスですので集中力が高いです。しかし、夕方もしくは夜には電池はほぼなくなってしまい、そこから何かやろうとしても集中力がないので結果として「だらだらと過ごしてしまった。。。」なんてことになりかねません。

 

話は少しそれますが、日本の働き方で「残業こそ正義」「残業している人は頑張っている」と思われがちですが、まったくもって効率が悪いです。それだったら朝早くに出社してやるべきことを朝にやったほうが残業するよりも倍速で仕事が進みます。

 

ですのでやりたいこと、やるべきことを朝の時間に持ってくれば、より効率的にこなすことができます。

 

誰にも邪魔されず、なおかつ集中力が高いじょうたい状態で自分の好きなことができるのは朝しかありませんし、この時間をギリギリまで寝ることに使ってしまうのはもったいないです!

 

【朝にやっていること】

 

1.目標を確認する、呼称する

近いうち説明しますが、人生で成功し、幸せになるためには「明確な目標設定」が必要です。そしてその設定した目標を起きた後と寝る前に読むことで潜在意識にインプットされ、目標達成が加速します。

 

自分で設定した目標を朝起きた後一番に読み、潜在意識に埋め込みます。

 

2.瞑想

瞑想、最近流行ってるみたいですね。瞑想はいろいろなやり方があるみたいですが、シンプルな方法として、「目を閉じ、自分の呼吸だけに集中する」というやり方です。

 

自分の呼吸に集中しているときに他の考え(雑念)が浮いてきたらまた呼吸に集中するようにします。

 

こうすることによって、集中力を鍛えることができます。

 

瞑想をすることでぶれない自分を作ることもできます。

 

例えば、駅で肩がぶつかってイラっとした時でも、(自分の呼吸に集中を戻すように)「怒っちゃいけない。時間の無駄だ。会社に行くんだ」という本来の目的達成に自分を戻せるようになります。

 

瞑想によってぶれない自分、無駄に不安にならない、イライラしない自分を作ることができます。

 

3.ストレッチ

朝の起きたては体が硬くなっています。これをストレッチによってほぐし、血流をよくすることで体温が上がり、脳への血流も増えるので、より健康になり、頭の回転が上がります。

 

起きてすぐに準備して体が重いままで出発すれば、一日中重いままで過ごすことになります。

 

ストレッチすることで体をほぐし、血流をよくすることで悪いものは流れ出て、良いものは体中にいきわたります。

 

これだけでも一日の過ごし方がグンっとよくなります。

 

4.自分のやりたいことをやる

これは人それぞれだと思います。私の場合は「英語」です。

 

私は英語が好きで、ネイティヴスピーカー並みに英語を操りたいと思っており、人生の目標の一つです。

 

朝にやることで効率よく学習をすることができるので、英語力の伸びが格段に違います。

 

 

以上【早起きは三文の徳】を発信してきました。みなさんは朝の時間をどのように過ごしていますか?「こんな過ごし方もあるよ」などのコメントいただければ幸いです^^

 

では、今日も楽しくいきましょう!!