【人の目を気にしてしまう理由】~人前で話すのが苦手な人・会議が苦手な人・プレゼンが怖い人必見~|KNOWHOW
生き方

【人の目を気にしてしまう理由】~人前で話すのが苦手な人・会議が苦手な人・プレゼンが怖い人必見~

f:id:knowhow-takuma:20180819162156j:plain

 

みなさんこんにちは!knowhow-takumaです!

 

人前で話すのが怖い」「会議などで意見を述べるのが恐ろしい」「発表会やプレゼンで上がってしまう」という方はいますか?

 

おそらく多くの方々がこれらの悩みをお持ちだと思います。

 

今回は人の目を気にしてしまう理由とその改善策を述べて行きたいと思います。

 

 1. コンフォートゾーンと完璧主義

 2. 他人に対する自分の考えがネガティヴ

 

 

1. コンフォートゾーンからくる完璧主義

 

人は誰しも失敗が怖いものです。これは人間にはコンフォートゾーンというものがあり、そこから自分を出さないようにする力が強く、元の自分の形を維持しようするためです。

 

コンフォートゾーンとは
コンフォートとは「心地よい」という意味で、いわば安定していて安心できる状況。自分が安心していられる領域のこと。現状維持の状態。

 

これはかなり強烈な力です。

 

すなわち、軌道の外れたことが嫌いで、安定を好みます。

 

失敗をすることによって、恥をかいたり、何か面倒くさいことになったりすることがあります。

 

その状態は安定したいつもの状態から軌道が外れていることになり、人間はこれを嫌います。

 

これがゆえに、自分自身に「軌道から外れるな、安定したままでいろ!」と命令します。

 

その結果、何かすることをためらったり、新しいことを始めることを億劫に感じます。

 

人の目が怖い人、新しいことに挑戦するのが怖い人などはこのコンフォートゾーンに留まろうとする力がものすごく強いです

 

確かに心地よい状況にいた方が楽ですし、今までやってきたものを踏襲した方がずっと楽です。

 

しかし、それを繰り返していては何も変わりません。

 

新しいことにも挑戦できません。

 

何か新しいことを始める時、自分を変えようとする時には必ず失敗します。

失敗なしに成功することはあり得ません。

 

むしろ失敗の中にこそ大きな成長や大きな成功が隠されています

 

失敗こそが自分を成長させてくれ、失敗こそが自分を成功に導いてくれます。

 

失敗をした時は、「また成長するチャンスがきた!」「成功へのチケットを手にすることができた!」と考えるようにしましょう(^ ^)

 

私は何かをする時は完璧を求めず、とりあえず行動し、失敗するようにしています。

 

そうすれば自分を鍛えることができるからです。まるで刀が灼熱に熱せられ、ハンマーで何回も叩かれるように。

 

2. 他人に対する自分の考えがネガティヴ

 

人の目を気にしてしまう人は、他人に対する考えがネガティヴかも知れません。

 

例えば、誰かが発言した時に「あの人何バカなこと言ってんだ?」と頭の中で思ったり、誰かに愚痴ったりする。

 

誰かが新しいことに挑戦した時に「絶対成功するわけがない」と思ったりする。

 

誰かが行動した時に「余計なことしなくていいのに、時間の無駄だよ」と思ったり、誰かに愚痴ったりする。

 

こういった経験はないでしょうか?

 

おそらくほとんどの人が経験あると思います。

 

誰でも他人の悪いところに目が行き、それを非難したくなります。これは人間の性だと思います。

 

ただ、自分が自分から出したものはかならず自分に返ってきます。

 

他人を非難すれば自分もされることになります

 

他人の悪口を言えば自分も悪口を言われます

 

これは自然の摂理であり、あなたの潜在意識はこうなることを知っています。

 

それがゆえに、誰かの発言を非難した時には、「私が発言した時にも非難されるかもしれない」と思ってしまったり

 

誰かの挑戦をバカにすれば、「私が何か始めたらバカにされてしまうかもしれない」と思ってしまいます。

 

これが「人の目を気にしてしまう」もう一つの理由です。

 

このような考えをしてしまうので、発言できなかったり、新しいことに挑戦できずにいるのです。

 

逆に、自分からいいもの・いいことを出すようにすれば、いいもの・いいことが自分に返ってきます。

 

他人の発言のいいところを見つけ、賞賛すればあなたの発言も賞賛されます

 

他人の新たな挑戦を讃えれば、あなたの挑戦も讃えられます

 

人の目を気にしてしまう人はもしかしたら自分から悪いものを出し続けており、悪いものが返ってきている状態かもしれません。

 

悪いことを見つけるのは自然なことです。ただ、ちょっと目線を変えてポジティヴな面を見つけられるようにしてみましょう。

 

そうすれば自分にもプラスでポジティヴなことが返ってくるはずです。

 

そして自然と人の目を気にすることなく、何かを始められることでしょう。

以上「人の目を気にしてしまう」について述べさせていただきました。

これらは私の実体験をまとめたものです。

 

私自身も人の目をかなり気にする性格でした。

 

人前で発言したり、発表したりするのが大の苦手でした。

 

しかし、心理学や哲学を勉強していくうちに、以上述べたことを見つけて実践しました。

 

私自身まだまだ未熟ですが、以前とは比べ物にならないくらい行動的になり、人前で話せるようになり、今では自分で英会話のセミナーを開いています(^ ^)

 

一朝一夕にはいかないものですが、みなさんもぜひ実践してみてください。

 

みなさんのご意見、体験談、ご質問等ありましたらコメントいただけると幸いです。

今後ともよろしくお願いします。