【初!子連れディズニーランド】~子供と楽しめるアトラクション、便利な施設をご紹介~|WakuWaku ブログ
子育て

【初!子連れディズニーランド】~子供と楽しめるアトラクション、便利な施設をご紹介~

 

f:id:knowhow-takuma:20180913141623j:plain

 

みなさんこんにちは!knowhow の takumaです!

 

昨日、11か月の息子を連れ、家族で東京ディズニーランドに行ってきました。

 

子供が生まれてからディズニーランドに行くのは初めてで、妻と2人で行ってた時とは全然違う経験となりました。

 

今回は、子供(一歳以下)を連れて行くディズニーランドで経験したこと、発見したことを述べていきたいと思いますので、お子さんを連れてディズニーランドに行く予定の方はぜひ参考になさってください(^^)

 

 1. ディズニーランド到着まで
 2. チケット購入時
 3. 子供と乗れるアトラクション
 4. 子連れの方のための施設

 

 

 

1. ディズニーランド到着まで
当日は平日水曜ということもあり、道路は空いていると予測して、所要時間1時間を見積もって、朝7時半に東京都町田市から出発しました。

 

ところが…高速道路激混み。

 

東名高速道路を使って向かったのですが、途中で渋滞にはまり、結局2時間くらいかかり、9時30分過ぎに到着しました。

 

平日だから空いてるでしょ」と軽く考えていたのですが、通勤時間と丸かぶりだったため、渋滞にはまってしまいました。

 

ディズニーランドに行く時は通勤時間と重ならないよう、時間をずらして出発することをお勧めします。

 

 

2. チケット購入時
チケット購入ブースにも長蛇の列ができていました。

おそらく、チケットを手にしようとしたら20~30分はかかっていたと思います。この時間をセーブできればアトラクション1つに乗れますね。

私は「JTB」で事前にチケットを購入していたので、チケットの購入時間をセーブすることができました。

 

ディズニーに行く日が決まっているのであれば、事前にJTBなどで先に買っておくことをお勧めします。

 

 

3. 子供と楽しめるアトラクション
今回初めて子供を連れてディズニーに行ったので、行く前までは「そんなに乗れるアトラクションもないだろうし、散策が中心だな」と思っていました。

ですが、行ってみると意外にも子供と楽しめるアトラクションが多いことに正直驚きました。

子供を連れて行くと、今まで気づかなかったアトラクションに気づけたので、新たな発見がありました(^^)

ここでは、私たち家族が今回乗ったアトラクションについて述べたいと思います。

 

(1)ホーンテッドマンション
子供が1人座りできることが条件です。

 

ひとりで座らせるか、パパかママの膝の上に座らせるかでしたが、膝の上に座らせると安全バーが結構窮屈だったので場合によっては子供が苦しくなってしまうので、注意が必要。

 

(2)イッツ・ア・スモールワールド
2018年4月15日にリニューアルしたイッツ・ア・スモールワールドでは、新たにプリンセスが仲間に加わったことで、さらに可愛くなっていました。

こちらも子供は1人座りできることが条件です。子供は席の真ん中に座らせるか、膝の上に座らせる感じになります。
安全バーはありません。

 

(3)カリブの海賊
カリブの海賊は途中で少し降下する所があるので、キャストの方からの指導が少し厳しかったです。

子供は膝の上で、親が足を閉じ、子供の足がそれをまたぐように座らせます。降下する地点以外には特に危ないところは無いと思います。
安全バーはありません。

 

(4)アリスのティーパーティー
遊園地によくあるコーヒーカップです。

くるくる回ったり、いい感じの加速をするので子供は大喜びでした。
回しすぎ注意です笑
安全バーはありません。

 

(5)モンスターズ・インク ”ライド & ゴーシーク”
ホーンテッドマンションのような安全バー付きの乗り物に乗って懐中電灯で隠れているモンスターを探すアトラクションです。

子供は終始光りを追ってキャッキャと楽しんでおりました。

 

 

これらのアトラクションの他にも「トゥーンタウン」には子供用のプレイランド(転んでも大丈夫なように地面が柔らかくできています)や「ミニーの家」などを回ったり、プリンセスと一緒に写真を撮ったり、「ジャングルカーニバル」でゲームをしたり、普段大人だけでは行かないようなところも行けたので、かなり大満足でした。

今回行ったのはこれだけでしたが、子供と楽しめるアトラクションはディズニーランドにまだまだあります(^^)

 

 

4. 子連れの方のための施設
やはりディズニーは子供に優しい」と思ったのが率直な感想です。
ワールドバザールにはベビーカーを貸してくれる施設もありますし、各トイレにオムツ替えの台もしっかりあります。

 

中でも便利だったのは、「ベビーセンター」です。

ワールドバザールトゥーンタウンの2箇所にあり、オムツ替えの台、授乳室、さらには「kitchen」と称して、子供にご飯をあげるスペースもあり、ご飯台付きの椅子も多数あります。

 

f:id:knowhow-takuma:20180913141702j:plain

👆ワールドバザールのベビーセンター

 

f:id:knowhow-takuma:20180913141810j:plain

👆トゥーンタウンのベビーセンター

 

f:id:knowhow-takuma:20180913141849j:plain

👆便利なベビーグッズの取り揃えもばっちりでした。

また、ミルク用のお湯だけでなく哺乳瓶を洗うスポンジと洗剤もありました。

さらに、ここではミルクやオムツ、ベビーフードも購入することができるのでとても便利です。

事実私もこの日、ミルクを忘れて妻に怒られたのですが、ベビーセンターでミルクが買えたので、噴火までは行きませんでした笑

 

以上、【初!子連れディズニーランド】についての記事でした!

 

以前まではディズニーに行くとなってもあまり嬉しくなかったのが正直なところでしたが、子供と一緒に行き、今までと違ったディズニーランドの顔を見ることができて、楽しかったです。
また、子供と妻の喜ぶ顔を見ることができ、「来てよかったな、また家族で来たいな」と思ったのが率直な感想です。

 

お子さんとディズニーランドに行く機会があればぜひ参考になさってください!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございました!
またよろしくお願いします。