【言葉が持つ力】~あなたの使う言葉で運命が変わる!ポジティブになりたい方・不安や心配を解消したい方必見!~|KNOWHOW
生き方

【言葉が持つ力】~あなたの使う言葉で運命が変わる!ポジティブになりたい方・不安や心配を解消したい方必見!~

f:id:knowhow-takuma:20180919071053j:plain

 

今日もいい天気だなあ」「楽しいなあ

 

あー調子悪い」「なんだよアイツ、腹立つな

 

人間は一日に幾多もの言葉を発しています

 

普段何気なく発しているその言葉にはものすごい力があることをご存知でしょうか?

 

自分が発する言葉によって人生がいい方向にも向かわせることもできますし、逆に悪い方向に向かってしまう可能性もあります。

 

みなさんこんにちは!knowhowのtakumaです(^^)

 

今回は私たちが何気なく発している言葉について、言葉の持つ力とその大切さを述べていきたいと思います。

普段はあまり考えることのないことですが、言葉は私たちの生活に大きな影響力を持っています、ぜひ参考にしてみてください(^^)

 

 

 1. 言葉の力

 2. 言葉が作り出す自己イメージ・固定観念

 

 

 

1. 言葉の力
思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。

マザーテレサの言葉

 

言葉の力は強大で、運命を変えさせるほどの力を持ってます

 

言葉の力を使った例をいくつか挙げたいと思います。

 

 

なでしこジャパン 佐々木監督
2011年FIFA ドイツW杯の決勝。日本はアメリカと対戦し、PK戦に。PKの前に佐々木監督は選手たちに「もうこれは儲けものだよ!外したっていいんだ。楽しんでこい!」と選手たちに笑顔で声をかけ、ピッチに送り出しました。

その結果なでしこジャパンは勝利し、見事優勝となりました。

監督の言葉と笑顔が選手たちの緊張を和らげ、ベストパフォーマンスを引き出したのでしょう。

 

 

☆巨人元選手 松井秀喜さん
松井さんは自分を冷静にさせるための言葉を決めているそうです。

松井さんは心が折れ乱れそうになると、「不動心、不動心」と繰り返しているそうです。

 

自分が落ち込んだり不安になったりした時は、笑顔で自分にプラスな言葉をかけてあげましょう。これは効果抜群です。

 

私も不安を感じた時、心配になった時は「全てはうまくいっている、全てがいい方向に働いている、全てがいい影響を与えてくれている」と繰り返し、心の安定を保っています。

 

 

 

2. 言葉が作り出す自己イメージ・固定観念
みなさんは自分にどのようなイメージを抱いていますか?

なんでもできる万能な人間」「器用な人間」「ポジティブ思考」のようなプラスなイメージですか?

それとも

 

私なんかにはできっこない」「大した人間じゃない」「いつも失敗してばかり」のようなマイナスなイメージですか?

 

いずれにしても自分に対する自己イメージは、過去の経験言われた言葉によって固定観念として自分の中に定着します。

そして何か行動をする時、その固定観念に則って物事を判断する傾向があります。

 

例えば何かにチャレンジしようとするとき、マイナスな自己イメージを持っているとしたら、「どうせまたできない」「いつも失敗してるし」と考えてしまい、本当にうまくいかなくなってしまいます。

 

では、この自己イメージ・固定観念はどのように自分の中に構築されたのでしょうか?

 

様々な要素がありますが、大きな影響を持つのは、「言葉」です。

 

私たち人間は生まれてから成人になるまで、平均して14万8千回の否定的な言葉を聞かされます。

 

小さい頃は、「ダメって言ったでしょ」「悪い子だね」と聞かされ、学校では「今のままじゃ~学校には行けないよ」「やめたほうがいいよ」などと聞かされます。

 

そういったマイナスな言葉を聞くことにより自分の自己イメージはどんどん汚れていき、マイナスなイメージを抱くようになります

 

そして、「挑戦できない」「失敗が怖い」などといって行動できなくなってしまいます。

 

何かを変えたいと思っているのなら、まず過去の経験から築かれた「自己イメージ・固定観念」をプラスなものに変える必要があります

 

では、プラスな自己イメージに変えるためにはどうすればいいでしょう?

 

それは、「自分の吐く言葉に気をつけ、ポジティブにする」ということです。

 

先ほど、マイナスな言葉を聞くことでマイナスな自己イメージが構築されると述べました。

 

では、誰の言葉を一番聞いているでしょう?

 

それは、自分です。

 

やってらんねーわ」「あー、ムカつく」などの言葉を発した時、一番聞いているのは他でもなく、自分です。

 

日々繰り返される自分が発するマイナスな言葉によってどんどん自分イメージは悪くなっています

 

しかし、それを多くの人は知らずにいます。

 

知らず知らずのうちに自分で自分をマイナスにしているのです

 

でも、大丈夫です。

 

今からポジティブな言葉を発するように心がければ自己イメージはどんどんプラスなものになります。

 

今から自分の発する言葉に注意し、プラスな言葉を発せるようにしてみましょう。

 

自分が「」く言葉から「-(マイナス)」を取り除けば、自分の夢は「」います。

 

f:id:knowhow-takuma:20180919071149j:plain

 

プラスな言葉は心のサプリメントです。

一方てマイナスな言葉は凶器になります。

 

自分が発する言葉、自分にかける言葉に注意してみましょう。

 

必ず自己イメージはプラスになり、人生は好転していくはずです。

 

以上、【言葉が持つ力】について述べさせていただきました。

 

普段あまり気にしていない言葉の中には大きな力が秘められています。

 

この大きな力をうまく利用できれば、自分の夢や目標を実現させるための大きな原動力となり、人生をより幸せなものへと加速させてくれるでしょう^^

 

今回も読んでいただきありがとうございます!

 

またよろしくお願いします^^