【また次でいいや・また来年の機会にの考え方】~人生はそんなに長くない、あなたはあと何回夏を過ごせますか?~|KNOWHOW
生き方

【また次でいいや・また来年の機会にの考え方】~人生はそんなに長くない、あなたはあと何回夏を過ごせますか?~

 

f:id:knowhow-takuma:20180830211148j:plain

 

みなさんこんにちは!knowhow- takumaです^ ^

 

まだまだ暑い日が続きますね。

 

もうすでに残暑に入っていると思いますが、みなさんはこの夏どこに行きましたか?

夏祭り、花火大会、プール、盆踊り。

夏はいろんなイベントがあって楽しいですよね^ ^

 

もう夏も終わる頃ですが、私はこの夏の思い出として、平塚の七夕祭りに行きました^^

 

私の子供にとって初めてのお祭りでしたので、記念すべき七夕祭りとなりました。

 

私は去年、妻に「花火大会とか夏祭りに行きたい」と言われていたのですが、予定が合わなかったり、場所が遠かったりで、「また来年にしよう」と最終的にはなり、結局去年の夏はこれといったイベントには行きませんでした。

 

私はこのことを後悔しています。

 

なぜなら私は人生であと、夏を50回程度しか過ごせないからです(平均寿命の80歳で計算しました)。

 

その50回の夏の一回を何もせずに、妻の行きたいところに連れてってあげることもなく、去年の夏を過ごしてしまったからです。

 

みなさんも「また来年でいっか」「また次の機会に」と言って、何もしなかった経験はないでしょうか?

 

普通にやってしまうようなことですが、これは実は本当にもったいないことかもしれません。

 

今回はその【また次でいいや・また来年の機会にの考え方】について述べて行きたいと思います。

 

 1. あなたはあと何回~ができますか?
 2. 今できることを全力でやる~今を生きる~

 

1. あなたはあと何回~ができますか?

前述したとおり、私は人生であと50回くらいしか夏を過ごすことができません。

なぜなら夏は一年に一回しか来ないからです。

 

では、誕生日はどうでしょう?
これも一年に一度しか来ません。

 

あなたはあと何回大切な人の誕生日を祝うことができますか?

 

あと何回大切な人に素敵なプレゼントを渡すことができますか?

 

ほとんどの人はこの事実に気づいていません。気づかぬまま、「今年の誕生日はお金もあまりないし、互いになしでいいよね?」「今年も実家に帰って母親の誕生日を祝うことができなかったな、また来年できればいっか」と、まるで誕生日が永遠に来るかのような考え方をしてしまいます。

 

実際には違います。何事も数える程度しかありません。

 

私でいえば、妻と過ごせる誕生日はあと50回くらい。

 

両親と過ごせる誕生日はあと20回くらい。

 

祖父母と過ごせる誕生日はあと数回しかありません。(すべて平均寿命で計算)

 

これが事実なのです。

 

 

小さい頃から食べていた母親の手料理、大人になり、親のもとから離れ、結婚するとほとんど食べる機会はなくなります。

 

人生であと何回母親の手料理が食べられるでしょうか?

 

おそらく数えられる程度しかありません。

 

人生はそんなに長くないのです。

 

 

2. 今できることを全力でやる~今を生きる~
人生で起こる出来事はすべて数えられる程度しか起きません。

 

だから私は今を大切にして、全力で生きるようにしています。

 

今日という日、今日ある出来事は二度と来ないのです。

 

私たちが過ごしている今日という時間は、昨日亡くなってしまった誰かが生きたかった明日なのです

 

そう考えると、何事も「次でいいや」とは言えなくなります。

 

今生きていることに感謝し、自分と自分の大切な人たちのために「今何ができるか」を考えて人生を送れれば、人生はもっと幸せになるはずです。

 

仕事や人間関係で疲れているかもしれませんが、今日、あなたの大切な人に「いつもありがとう」と言ってみてはいかがですか?

 

なんだか照れくさいかもしれませんが、それは今すぐできる最高のプレゼントですよ。

今回も読んでいただき、ありがとうございました!

 

みなさんのご意見、感想を聞かせていただければと思います(^^)

 

これからもよろしくお願いします!