【閲覧注意】サメに襲われた男の状態がグロすぎる!体の3か所を食いちぎられた、悲惨な姿に衝撃を受ける・・・|KNOWHOW
王手

【閲覧注意】サメに襲われた男の状態がグロすぎる!体の3か所を食いちぎられた、悲惨な姿に衝撃を受ける・・・

 

米フロリダ州マイアミの東に位置するキー・ビスケーンで今月3日、ダイバーの男性がサメに襲われて負傷した。

ボートに引き上げられたダイバーの左腕には噛まれた後が見られる。

アップで映し出された傷口は血まみれで痛々しい。

幸いにもダイバー意識がはっきりしており、話せる状態であった。

 

このダイバーの名はマリオ・アビラさん(37)。

彼はスキューバダイビング中にオオメジロザメに襲われ、運良く近くを通りかかった釣り船によって救出されたという。

しかも、釣り船には偶然にも看護師が何人も乗っていた。

応急処置を施した看護師は「彼はウェットスーツを着ていましたが、約3か所の異なる部位に噛み傷がありました。歯型が手にあって、彼の筋肉と皮膚が垂れ下がっていました。非常に大量の出血も見られました」と語る。

 

そんな状況だったにもかかわらず、看護師たちは落ち着いて協力し合い、アビラさんの腕を洗浄して止血措置を施した。そして20分以内に救急隊が到着すると、彼は病院へと搬送された。

翌週火曜日、アビラさんは退院することができた。彼は体長約6メートルのサメと遭遇した当時を思い出しながら、「それ(サメ)はまっすぐ泳いできて、私の腕に噛みつきました。

私はもう一方の腕でそれを反射的に押しのけましが、私の指と胸は完全に噛みちぎられていました」と話した。今回の事故に懲りて、スキューバダイビングは二度とやらないつもりだという。

アメリカでは今年2019年、1件の死亡事故を含む30件のサメの攻撃が確認されている。

アビラさんが襲われたフロリダ州では15件、ハワイ州では7件が発生していた。中でもフロリダ州のニュー・スムーナ・ビーチでは8月初めの週末、24時間のうちに7回ものサメの攻撃があり、3人が負傷したと報告されている。

夏休みに海水浴やスキューバダイビングを楽しむ方が多いこの時期、サメの存在にも十分注意していただきたい。