獣医は子猫の鼻から巨大なものを取り出した。それはものすごく気持ちの悪いものだった・・・|WakuWaku ブログ
王手

獣医は子猫の鼻から巨大なものを取り出した。それはものすごく気持ちの悪いものだった・・・

動画がこちら

 

 

ものすごく気持ちの悪いもの

子猫の鼻から取り出されたのは、ハエの幼虫でした。

あまりにも大きすぎて、取り出された後にウヨウヨ動いてるのも気持ちが悪いです…

それにしてもなぜ子猫の鼻にこんなに大きなハエの幼虫がいたのでしょうか?

 

子猫の鼻にハエの幼虫の理由

子猫には傷がありました。

その傷口の近くに産み付けられた卵が子猫の体温によって孵化して、幼虫がその傷口から子猫の体内に侵入したものと考えられます。

 

幸運にもこの虫はこれ以上の害を子猫に与える前に取り除かれ、子猫は回復中とのことです。

 

ネットの反応

非常に良い、彼女は完全に回復すると期待されています!

貴重な動画です。でも私は朝食を食べながら見ていました

ああ、かわいそうな赤ちゃん:(

 

1 2