【韓国 ITの王様 ヤン・ジノ会長パワハラ】~社会問題のパワハラを解析~|WakuWaku ブログ
仕事

【韓国 ITの王様 ヤン・ジノ会長パワハラ】~社会問題のパワハラを解析~

f:id:knowhow-takuma:20181118061518j:plain

http://news.livedoor.com/article/detail/15575924/

 

みなさんこんにちは!knowhow の takumaです^^

 

 

オフィスで社員に平手打ちをし、土下座をした挙句、「死にたくないなら謝れ、本気で殺すぞ」と脅迫ともとれる発言をした韓国の「韓国未来技術」会長 ヤン・ジノ氏。

 

この他にも社員の髪の色を赤や緑などの派手な色に強制的に染めさせたり嫌がる社員にアーチェリーで生きているニワトリを攻撃するよう強要したり、日本刀でニワトリを切るように命令しました。

f:id:knowhow-takuma:20181118061958p:plain

https://www.fnn.jp/posts/00382760HDK

 

なぜこんな酷いことをしたのでしょう?

 

背景には色々な要因があるとは思いますが、このヤン・ジノ氏の会社だけではなく、パワハラをする上司が社会に未だに蔓延っていることは確かです。

 

今回はこのパワハラ会長のヤン・ジノ氏の件について、私の意見を織り交ぜ、述べていきたいと思います。

プレミアムウォーター

 

 

1. 短期主義 短期的思考
今回のヤン・ジノ氏のパワハラ騒動はどれも度が過ぎています。よくこれほどまでしてきて今まで表に出なかったものだと思います。

 

あれほどまでに酷いパワハラをしてきたヤン・ジノ氏は短期主義になっていたのではないかと思います。
※短期主義の記事はこちら

knowhow-takuma.hatenablog.com

 

 

目の前にある社員に対する怒りに負け、会社の存続と利益向上という長期的なものを見失ってしまった感じがします。

 

また、ヤン・ジノ氏は部下に対するパワハラの動画をコレクションしていたそうです。

一種の趣味のようなものだと思いますが、自分の欲求という短期的思考に満たされてしまい、長期的なものの見方ができなくなってしまったとも考えられます。

 

冷静に考えれば、会社の未来社員と社員の家族の未来のことを見据えて、目の前の怒りや誘惑に負けないように自分をコントロールすることもできたはずです。

人間の短期主義は社会的問題の根源にあることが多いです。

 

 

 

2. 疲れや緊張、ストレス、プレッシャーなどのマイナスな要因
人間は疲れや緊張、ストレス、プレッシャーなどのマイナスな要因を感じていると、理性を保つことが難しくなります

人間は前頭前野の働きによって理性を保ち本能的な感情・行動を司る大脳辺縁系の働きを抑えているのですが、疲れやストレスなどのマイナスな要因によって前頭前野の働きが鈍くなると、怒りや欲求などの本能的な感情・行動に負けてしまいます

詳細はわかりませんが、ヤン・ジノ氏も少なからずマイナスな要因にとらわれていた可能性があります

ちなみにパワハラ元議員の「ちーがーうーだーろー」さんも睡眠時間が2~3時間しか取れていなかったそうです。

 

 

3. 社員との考え・価値観のギャップ
パワハラ上司と部下の価値観や考えのギャップも原因になります

今回平手打ちされた社員は、SNSで「部下にもリーダーシップを見せればいいのにな」と投稿し、それが会長の耳に入り、今回のパワハラに至ったそうです。

社員はSNS世代で、ちょっとした文句などを投稿するのが普通で、そんなに問題になるとは思っていなかったとしたら、そこに会長と社員のギャップが生じ、会長の怒りを招き、パワハラに至ったかもしれません。

 

上司は部下との価値観のギャップがあることを把握し、適切な対応を怒らずに教えてあげる必要があります
※若者との関わり方の記事はこちら

knowhow-takuma.hatenablog.com

 

 

 

まとめ
今回のパワハラ騒動の詳細はわかりませんが、日本にもまだまだはびこるパワハラを減らしていくためには、日頃からコミュニケーションを大切にして、上司と部下が互いにそこにギャップがあることを把握し、互いを理解することが大切です。

そして、目の前の怒りや誘惑に負けないように理性を保ち、長期的視点に立って自分をコントロールすることが大切です。

 

また、ハラスメントは周囲の助けが必要です。今回のパワハラ騒動は周りの助けやサポートがなかったように見えます。そのためにこの騒動が表に出るまで時間がかかったのでしょう。

ハラスメントに気づいているのに何もしないのは見ている自分も加害者同然です。
誰かに相談するなどして、被害者を助けられるようサポートすることも必要です。

プレミアムウォーター

 

以上、【韓国 ITの王様 ヤン・ジノ会長パワハラ】~社会問題のパワハラを解析~でした!

 

今回も読んでいただき、ありがとうございます。
また次回もよろしくお願いします。