【子育て】正しい歩き方で子どもの発育を支援!おすすめの子ども用トレーニングシューズ “Baby feet” のおすすめポイント8つ【新人パパ奮闘記その22】|KNOWHOW
新人パパ奮闘記

【子育て】正しい歩き方で子どもの発育を支援!おすすめの子ども用トレーニングシューズ “Baby feet” のおすすめポイント8つ【新人パパ奮闘記その22】

f:id:knowhow-takuma:20190128101816j:plain

 

みなさんこんにちは!takumaです(^^)

 

今日は月曜日ということで、【新人パパ奮闘記】をお送りしたいと思います。

今回は子どもの発育支援のための子ども用シューズ “Baby feet” をご紹介したいと思います。

 

生後5か月~24か月のよちよち歩きを始めたお子さんをお持ちのパパママに読んでいただきたい記事です(^^)

 

 


この記事はこんな方におすすめ

この記事はこんなパパママにおすすめの記事です^^

  • 子どもにとって歩きやすい靴が欲しい
  • 子どもに元気にすくすく育ってほしいと思っている
  • 脱げにくい靴を探している
  • 安全な靴を探している

 


私がBaby feet を購入した理由

 

私が今回Baby feet を購入した理由は、子どもに元気にすくすくと成長してもらいたかったからです。

子どもが成長するためには正しい歩行が重要であり、このBaby feetは子どもの正しい歩き方をサポートし、運動神経や脳の発達、認知機能を発達させる効果があります。

子どもがすくすく成長することを願うのはパパママ共通の願いですよね。
子どもにはより良く、品質の高いものを身につけさせたいと思い、Baby feet を購入しました。

 

 

1. About “Baby feet”

Baby feet はソウル大学の生態力学研究に基づいて作られた生後5か月~24か月の子どものための「トレーニングシューズ」であり、子どの正しい歩き方をサポートしてくれます。

Baby feet の特徴はつま先が広いことです。そのため、つま先が自由に動くので、まるで裸足で歩いているような感覚にさせてくれる機能があります。

つま先が自由に動いて正しく歩くことは運動神経と脳、認知機能の発達につながるので、乳幼児期の子どもにはうってつけの靴ですね。

サイズはM(11.5)とL(12.5)の2種類です。

f:id:knowhow-takuma:20190128090338j:plain

 

 

2. Baby feet おすすめポイント

Baby feet のおすすめポイントを8つご紹介します。

 

(1)正しい歩き方が身につく

先ほども述べたとおり、Baby feet は子どもに正しい歩き方を学ばせてくれるので、子どもの発達に役立ちます。

子ども用の靴はたくさんありますが、多くがデザイン性重視であり、子どもにとって歩きにくい靴があるのが事実です。歩きにくい靴を履かせてしまうと変な歩き方が身についてしまい、しっかり成長、発達にができない可能性もあります。

 

(2)安心安全素材

Baby feet のゴム部分には「サーモプラスチックラバー」という素材が使われています。この素材は赤ちゃんのおしゃぶりにも使用されている素材であり、縫い目もなく、接着剤も使用していないので、赤ちゃんが舐めても大丈夫です。

さらに、この素材は滑りにくいので家の中、公園、ショッピングモールなど色々なところを歩き回る子どもに履かせられるのでパパママも安心です。

 

(3)防寒対策

さらに嬉しいのが防寒にもなることです。
上記したラバー素材は保温効果もあるので赤ちゃんの足を暖かく保ってくれます。

私の子どもは家では裸足であり、いつも足が冷たくて悩んでました
スリッパはすぐ脱いじゃうし、靴下は滑るし…と。

 

Baby feet は軽くて歩きやすく、滑りにくく暖かいので家で履かせるのにもうってつけですし、子どもの足の防寒対策にもなったので、大助かりです^^


(4)脱げにくい

Baby feet は靴下と靴が一体になったようなデザインです。
そのため、脱げにくさが他の靴とは比べものになりません。

以前私は子どもを抱っこしている時に片方の靴がないことに気づき、妻にものすごく怒られました。(理不尽ですけどね笑)

そんなショックな経験をしたパパママは多いと思いますが、Baby feet はとにかく脱げにくいのでそんな心配はいりませんよ(^^)

 

 

(5)軽い

Baby feet は軽いです。片方の重さが約40gです。パパママとしても運びやすいですし、なにより子どもの正しい歩行を妨げることがないので本当にいいと感じます。

 

(6)ムレない

子どもって汗をいっぱいかきますよね。特に遊んだりしている時は手足がムレムレになります。
Baby feet の靴底には通気孔があり、靴の中がムレるのを防いでくれます。

f:id:knowhow-takuma:20190128091255j:plain

 

(7)洗濯機で洗える

色々なところを歩き回る子どもの靴は汚れますよね。

靴を洗うのは大変ですが、Baby feet はネットに入れてまるごと洗濯機で洗うことができます。
靴の裏の汚れを軽くこすって落としてから洗濯機にポイっなので楽チンです。

 

(8)デザインが可愛い

機能性が高くてもやはりデザインも重要ですよね。
Baby feet はデザイン性も抜群で見た目もとっても可愛いです。

私が息子に買ったのはこちらの靴です。

f:id:knowhow-takuma:20190128091724j:plain f:id:knowhow-takuma:20190128101927j:plain

紐靴を履いているようなデザインで可愛いです。靴紐はほどけないので安心です。

f:id:knowhow-takuma:20190128091611j:plain

かわいい箱に入ってきます

f:id:knowhow-takuma:20190128101537j:plain

 

3. Attipas との違い

Baby feet と似たようなデザインの Attipas というメーカーがあります。
見た目が全く一緒なので何が違うの?と思い調べてみました。

結論から言うと商品は同じもので機能も全く一緒です。

では何が違うのかと言うと、Attipas がオリジナルのメーカーであり、Baby feet はOEM(他社のブランド製品を自社ブランドとして売ること)であり、Attipas は世界30か国で販売されており、サイズはS~Lの4種類に対し、Baby feet は日本国内販売のみでサイズはMとLの2種類です。

ただし、Baby feet とAttipas は靴のデザインが違うので選ぶのも楽しいですよ。
私はBaby feet に気に入ったデザインがあったのでBaby feet で購入しました。選んだのは妻ですけど笑

 

 

4. 実際使ってみて

率直に言って買って良かったと思いますし、大満足の商品です。

軽くて足が自由に使えるためか、先日突然初めて走り出したので驚きました笑
子どもにとって本当に履き心地が良いんだなと思います。

やはり歩きやすさが違うのか転ぶことも少なくなりました。歩く練習のために一人で歩かせたいのは親心ですが、いつ転ぶかヒヤヒヤでしたが、Baby feet にしてからは比較的安心して子どもが歩くのを見てられるようになりました。

あとは、脱げないし、軽いからやっぱりです。

 

 

まとめ

  • Baby feet は研究に基づいたトレーニングシューズ
  • 正しく歩くことで、運動神経、脳、認知機能が発達する
  • 安心安全な素材を使っている
  • 洗濯機で洗えるし、ムレも防げるので清潔
  • デザインが可愛い

 

親にとって子どもの成長は嬉しいものですし、元気にすくすく育って欲しいと願うものですよね。

Baby feet の靴はそんなパパママの願いを叶えてくれる靴だと実際に使ってみて思いました。

子育てに奮闘するパパママにとってもおすすめの商品です。
リンクをまとめておきますのでぜひチェックしてみてください(^^)

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

また次回もみなさんの役に立つ記事をお届けしたいと思いますので、よろしくお願いします。