【新人パパ奮闘記その8】~子どものアルバムづくり~|KNOWHOW
子育て

【新人パパ奮闘記その8】~子どものアルバムづくり~

f:id:knowhow-takuma:20181022064553j:plain

 

みなさんこんにちは!knowhow の takumaです(^^)

 

今日は月曜日ということで、【新人パパ奮闘記】をお送りしたいと思います。

 

今回のテーマは「子どものアルバム」です。

 

今しかないこの時を写真にして、思い出として残したいと誰もが思うものですよね。

 

今回は、私が実際にやっている、子どものアルバム作りをご紹介したいと思います。

 

 

 

1. アルバムを作ろうと思ったきっかけ

【新人パパ奮闘記】で毎回のように書いていますが、「子どもの成長は早い」です。

顔も変わりますし、この前できなかったことが「あれ、いつのまにできるようになったの」と思うことがたくさんあります。

 

この今しかない時を記録に残したいと思う気持ちはどの親も共通だと思います。

当初は、「今の時代スマホもあるし、データで残すのもいいんじゃないかな」と思ったのですが、「やっぱり写真という形にして残したい」と思ったきっかけがあります。

 

それは、結婚式です。

 

私は子どもが生まれる4ヶ月前に妻と結婚式を挙げました。

その時に私と妻の生い立ちの動画を作ることになり、その素材集めのために実家に行き、私の幼少の頃のアルバムからいい写真を探しました

 

もちろん昔は今のようにスマホはなかったので、実際の写真のアルバムです。

 

写真を選んでいる時にふと私は「母さんは俺との思い出を大切にしてくれてたんだな」と思いました。

私が生まれた時からの写真を丁寧にファイリングして、何冊ものアルバムを作ってくれたんだと思うと涙が溢れてきました。

 

それがきっかけで、私も息子との思い出をアルバムにして残したいと思い、妻とアルバム作りを始めました。

 

 

 

2. アルバムの作り方
私の母親の年代の頃は、写真のフィルムを写真屋さんで現像してその写真をアルバムに綴るというやり方でしたが、もちろん現代はもっと便利なやり方があります。

私が使っている便利なアプリについてご紹介します。

 

 

*アルバス
アルバス」はスマホでダウンロードできるアプリで、月8枚まで無料で写真が印刷できます。

 

やり方は簡単です。

1. アプリをダウンロードする
2. プリントする写真を選ぶ
3. アルバムの色を選ぶ
4. 写真とアルバムが郵送で送られてくる
5. アルバムに写真を入れる

 

一度アルバムを受け取れば、あとは注文しただけの写真が送られてくるのでその写真を入れるだけです。

※専用アルバムは別売りです。通常価格2,400円ですが、初回注文後1週間以内であれば1,800円で購入できます。
※写真の送料は200円(税抜き)です。

 

現代は技術が進み、デジカメやスマホなどでほぼ無制限に写真を撮ることができます
その一方で、写真がいっぱいになってしまい、整理もできず、せっかくの思い出の写真がごちゃごちゃに。なんてことにもなってしまいます。

 

アルバスでしたら、月に一回いいと思った写真を選んで注文するだけで、一年後には思い出のいっぱい詰まったアルバムが完成します。

 

実はこのアプリを見つけてくれたのは妻です。

 

アルバスでアルバム作りをしようと言ってくれた妻に本当に感謝しています

 

おかげで息子との思い出を写真として残すことができており、毎月写真を選んで届くのが楽しみになっています。

 

albus.is

 

 

スマホやデジカメなどの便利なものがある現代では、写真をデータで残すことは簡単ですし、いつでも電源を入れれば見ることができます。

 

もちろん電子媒体の中にアルバムを作るのもいいですが、実際にこの手でアルバムをめくって家族と笑顔で写真を見るのとでは全く違う感覚、感情があります

 

息子のアルバムを作り始めてから1年が経ち、たまに妻とアルバムを見返しますが、ものすごく幸せな感情が湧いてきます。この感覚はデジタル写真では味わえないと私自身思います。

 

子どものアルバム作りは大変おすすめです(^^)

以上、【新人パパ奮闘記その8】でした。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございます。
【新人パパ奮闘記】は毎週月曜日に配信しています。

では、また来週(^^)