【新人パパ奮闘記!その5】~ミルクづくりに便利^^ウォーターサーバーの利点について~|KNOWHOW
新人パパ奮闘記

【新人パパ奮闘記!その5】~ミルクづくりに便利^^ウォーターサーバーの利点について~

 

f:id:knowhow-takuma:20181001113620j:plain

 

みなさんこんにちは!knowhow の takumaです(^^)

今回は月曜ということで、【新人パパ奮闘記!その5】をお送りしたいと思います。
今回で早くも5回目になりました。

 

今回は、ミルク期の赤ちゃんをお持ちの方向けに、ミルクを作るときに役立つ情報を発信したいと思います。

 

おっぱいでお育ての方にはあまり有益な情報はないかもしれません…

 

 

1. ミルクをあげるのに苦労したこと
私の子供は生まれてすぐの時はおっぱいで育てていたのですが、1ヶ月くらいからミルクになりました。

 

ミルク作りには粉ミルクのを使っているのですが、ミルクで育てるのって大変ですよね…

 

お湯を沸かして、哺乳瓶に注いで、ペットボトルとかのきれいな水で温度調整して、熱ければ少し冷ましてから粉ミルクを入れて、飲み終わったら洗って消毒液に入れて…これだけでかなり時間かかってしまいます。

 

昼間はまだいいとしても、夜中の眠い時にこんなことをしていたらすぐにミルクもあげられないし、自分も寝不足になってしまいますしイライラしてしまいます

 

一時期は時間を短縮するためにお湯をポットに入れてから寝て、そのポットのお湯からミルクを作るようにしていました。

 

楽でいいなあ」と思ったのですが、ポットに水アカなどの汚れがあることに気づき、洗ったもののイマイチ取れず…新しく買うのもなあと思い、Tfalのような電気ポットを買おうと思ったのですが、「そもそも水道水でミルクはどうなんだ?…カルキとか大丈夫なのか?」と考えるようになりました。

 

ネットを見ると「ミルクの調乳は水道水で大丈夫」と書いてあるものの、「いや、でも蛇口とか水道管そのものが古くて汚かったらダメやん」とか、なんか負の思考スパイラルに陥ってしまいました笑

 

 

2. ウォーターサーバーを使ってから
そんな時に見つけたのが、「ウォーターサーバー」です。

 

私が使っているのは、「PREMIUM WATER プレミアムウォーター」です。

 

お湯とお水の両方が出るので、ミルク作りには最適です!

 

ウォーターサーバーを契約してからは、「お湯を沸かして入れて、お水もペットボトルから注いで」という煩わしい行動がなくなり、かなり、かなりかなり楽になりました

 

だって、ボタン押すだけですもの

 

すぐにミルクが作れるので、すぐに子供にミルクをあげられますし、自分もイライラすることも減りましたし、すぐに寝ることができるようになりました(^^)

 

本当に大助かりです。

 

上質な水というのも魅力の一つです。

 

ウォーターサーバーは一般的に水を加熱処理しているのですが、このプレミアムウォーターの水は「非加熱処理」で、原水をそのままボトリングしているそうです。

 

そのため、ミネラルが豊富に含まれ、口当たりがよく、より美味しく飲めるそうです。

 

水の種類は3種類から選ぶことができます。
(1)富士吉田(2)阿蘇(3)金城(現在は配送を停止しているそうです。平成30年9月時点)

 

自分が住んでいる地域によって配送料が異なります

 

私の場合は、東京に住んでいるので富士吉田の送料が無料ですが、南阿蘇は400円、金城なら600円の送料がかかります。

 

子供には上質な水を飲ませてあげたいと考え、私はプレミアムウォーターにしました

 

私と私の妻も飲料水として、またコーヒーやみそ汁などにウォーターサーバーの水を使っていますが、やはり味が水道水とは全く違いおいしいです。

 

また、5歳以下の子供がいる家庭であれば、「プレミアムウォーターマムクラブ」というプランを選択することができ、通常プランよりもボトルの値段が一本あたり440円も安いです。

 

この料金の差はかなり大きいです。

 

premium-water.net

 

 

3. ここがちょっと…と思うところ
ここまでウォーターサーバーの利点を述べてきましたが、もちろん「ここがちょっと…」と思うところもあります。

 

(1)ボトルの設置が大変
私が注文しているボトルは12リットルで12キロあります。

 

ボトルと設置位置が地上から1メートルちょっとあるので、女性だけで設置するのはなかなか大変です。

 

私が仕事で家にいない時に水がなくなり、妻がボトルを交換しようとしたのですが、重くて断念した時がありました。

 

ウォーターサーバーの種類は選ぶことができ、ボトルが下置きタイプのものもありますが、タイプによってレンタル料が異なるので確認が必要です。

 

(2)契約年数がある
子供のミルク期は子供にもよりますが、1年ちょっとです。

 

ミルク期が終わったら解約でいっか」と思っていたのですが、私が入っているプランでは最低3年の利用が必要であり、途中で解約すると20,000円の解約料が発生します。

 

この解約料はプランによって異なり、私が入っている「プレミアムウォーターマムクラブ」はこの解約料です。

私の場合はミルク期が終わった後でも上質な水を子供に飲ませてあげたいと考えて契約したのですが、やはりランニングコストはそれなりにかかります。

 

水は生命の源であり、大切なものですので、水にもこだわってみてはいかがでしょうか^^

以上、【新人パパ奮闘記!その5】でした!

 

ウォーターサーバーはもちろんメリットばかりではありませんが、上質な水を子供に飲ませることもできますし、ミルクを作る時間も短縮できるので、夜中のあの大変な時間を短縮することができるのがかなり大きいです。

 

子育て世代の方にとって、ウォーターサーバーは総じてメリットが大きいと思います。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございます。

【新人パパ奮闘記!】は毎週月曜日の配信です。

ではまた来週(^^)