腹痛を訴えた少年の運命|WakuWaku ブログ
王手

腹痛を訴えた少年の運命

 

場所はアフリカ西部にあるカメルーン。
腹痛を訴えていた4歳の男の子が病院で手術を受けたところ、腸の中から大量の〇〇が出てきたという衝撃的なニュース。

医療専門サイト「Journal of Medical Case Reports」が伝えた。

病院に運ばれてきた時、少年は胃痛のほか、吐き気や腹部の膨張の症状があった。

中でも深刻な症状だったのは、便秘。6カ月も便秘が続いたそうだ。

 

その驚きの診断結果は次のページ

1 2 3