【海外語学留学】~海外の語学学校について!留学する人、したい人必見!~|WakuWaku ブログ
英語

【海外語学留学】~海外の語学学校について!留学する人、したい人必見!~

 

f:id:knowhow-takuma:20180901111614j:plain

みなさんこんにちは!knowhowのtakumaです^^

 

海外の語学学校で英語力を高めたい

 

日本とは違う雰囲気で英語を学んでみたい

 

外国の友達を作りたい

 

という方多いと思います^^特に学生のみなさんは学校のプログラムでも海外留学ができることもあると思います。

 

私はオーストラリアに2か月イギリスに1か月留学した経験があり、両国とも語学学校に通っていました。

今回は私が海外語学留学で感じたこと、思ったこと、注意したほうがいいことを述べていきたいと思います。

 

海外語学留学をこれからする人、したい人に少しでも参考になればと思います^^

 

 

 1. 語学学校はどういうところ?

 2. 語学学校の良いところ

  (1)語学力が格段に伸びる

  (2) 様々な国の英語のアクセントが学べる

  (3)世界中に友達ができる

  

 3. 留学中注意すべきところ

  (1)日本人との日本語会話を避ける

  (2)盗難に気を付ける

  (3)国によっては宗教上のマナーの違いなどがある

 

 

 

1. 語学学校はどういうところ?

だいたいの語学学校では初日に「クラス分けテスト(placement test)」を受けます。

 

内容はLRWS(listening,reading,writing,speaking)のすべてが含まれ、最初にspeaking以外が筆記形式で行われます。

 

その後、教員との面接が行われ、speaking skillとcommunication skillをテストされます。

 

結果に応じて5段階のクラス(私の通っていた学校の場合)に分けられます。

 

Beginner(初心者)

Lower intermediate(中初心者)

Intermediate(中級者)

 Higher intermediate(中上級者)

 Advanced(上級者)

 

クラス分けの後は自分のレベルの教室に行き、教科書が配られます。

 

クラスメイト全員が初対面というわけではなく、自分のレベルの教室に自分が新入りとして入る感じです。

 

クラスは学校にもよりますが、私の学校は1クラス10人くらいの学校でした。

 

初めてのクラスではまず自己紹介をするので、どんな自己紹介をするのか考えておいた方がいいでしょう(^^)

クラスメイトは世界各国から集まった国際色豊かなクラスです。

 

こういった雰囲気は体験したことがないと思うのでワクワクすると同時に緊張すると思います。

 

f:id:knowhow-takuma:20180901112517j:plain

↑私が通っていた語学学校のクラスメイトたち

 

日本人がいることもありますが、クラスでは英語のみ。母国語を話すとペナルティーがある学校もあります

 

 

 

2. 語学学校の良いところ

 

(1)語学力が格段に伸びる

海外の語学学校に行ってよかったと思うことは、語学力を高めることができたことです。

 

前述したように、学校では母国語は使えませんので、毎日英語をみっちり使うことになります。

 

日本ではこういう経験はできないので、英語力はみるみるうちに伸びていきました。

 

(2)様々な国の英語のアクセントが学べる

前述したとおり、クラスには世界中から集まった違う国籍の生徒がいます。

 

各国の発音はそれぞれ異なるので、理解するのが難しいときもありますが、「こういう発音もあるんだ」と勉強になります。

 

現在の世界では、英語はネイティヴスピーカーだけのものではなく、ノンネイティヴを含めた英語話者すべてのものという風潮がありますので、今後ますます加速するグローバル社会において活躍するみなさんにとってはいい機会になるはずです^^

 

(3)世界中に友達ができる

語学学校の良いところは帰国後も続きます。

 

それは語学学校で出会った友達との交友です。

 

出会った友達とFacebookInstagramなどのSNSで繋がっておけば、帰国後も交友を続けることができます。

 

誕生日や何かイベントがあるたびにメッセージを未だに送り合っていることはとても嬉しいことです。

 

私が一番嬉しかったのは、出会った友達の国に旅行に行った時にその友達と再会できたことです。

 

その嬉しさは言葉には表せられないほど嬉しいです^^

 

また、わたしは今までドイツスペイン韓国に行き、友達に会ったのですが、みんな優しく、家に泊めてくれたり、ホテルを用意してくれたりしました。

 

また、現地人しか知らないガイドブックにないところに連れていってくれたり、家庭料理を食べさせてくれたので、普通の旅とは違う、特別な経験ができました。

 

また、逆に日本にも遊びに来てくれた友達もいます。

 

今まで、ドイツ韓国イタリアスイスの友達が遊びに来てくれました。

 

留学先で出会った友達と普段慣れ親しんだ日本を練り歩くのは不思議な感覚ですが、家族に会わせたり、家に招待したりすると喜んでくれます。

 

友達にとっても、特別な経験ですからね。

 

 

3. 留学中注意すべきところ

(1)日本人との日本語会話を避ける
語学力を本気で伸ばしに語学学校に入学したのであれば、注意した方がいいのは、日本人との交流です。

 

学校によっては母国語禁止のところもありますが、母国語を話そうと思えばいくらでも話せてしまいます。

 

もちろん日本語の方が楽ですので、困った時などは日本語で話したくなります。

 

私もよく見かけたのですが、せっかく留学に来たのに日本人同士でたむろってしまい、他の外国人を寄せ付けない雰囲気を作ってしまう人たちがいます。

 

これはかなりもったいない!

 

日本に帰ればいくらでも日本人とは話せます(当たり前ですが)。

 

せっかく留学したのだから、極力日本人との交流は避けた方がいいと思います。

 

私の場合は、クラスメイトで仲良くなった日本人がいたのですが、常に互いに英語で話してました。

 

(2)盗難に気を付ける

海外留学をしている日本人学生が盗難の被害にあうケースは多くあります。

 

実際私が留学していた時も、日本人の財布が盗まれるという事件が発生しました

 

日本は比較的安全な国で、学校の食堂や休憩時間に荷物を席に置きっぱなしにしても盗まれることはほとんどないですが、海外ではこれが起こりうるのです。

 

私も授業の合間の休憩時間にトイレに行くときなどは、貴重品だけは一緒に持っていくようにしていました。

 

(3)国や宗教によってのマナーの違い

世界中から生徒が集まる語学学校には異なる宗教や習慣も同時に集まります。

 

日本人にとっては当たり前のことが「タブー」であることもあるので注意しましょう。

 

私の例であれば、初めて会った女性に「Nice to meet you」といい、握手を求めたのですが、「宗教上できない」と言われました。

 

この女性はイスラム教で、イスラム教では男女の接触はタブーなのです。

 

ですので気軽に「Hey, what’s up?」みたいな感じで肩をたたくなどは絶対にやめましょう。

 

また、タイなどの仏教の国では、頭の上に神様が宿っていると信じられてるので、たとえ子供だとしても「かわいいね」と頭を撫でてはいけません。

 

友達に「あなたの国のタブーは?」と聞いてみるのもいい勉強ですので、禁止事項をやってしまって怒られる前に事前に聞いておきましょう。

 

 

以上、【海外語学留学】について述べさせていただきました^^

 

参考になりましたでしょうか?

 

私自身海外留学を2回経験しましたが、「行ってよかった」というのが率直な感想です。

 

これから留学される方は、ぜひこの機会を大切に思いっきり楽しんできてください^^

 

今回も読んでいただきありがとうございました!