生きながら焼け死ぬ7才の少女。燃えさかる窓から二本の足が見える地獄絵図に震えが止まらない…|WakuWaku ブログ
王手

生きながら焼け死ぬ7才の少女。燃えさかる窓から二本の足が見える地獄絵図に震えが止まらない…

 

今月4日、モロッコ・ラバト=サレ=ケニトラ地方の民家で、就寝中だった7歳の少女、ヒバさんが焼死する火災が発生した。

携帯電話の充電器が爆発したことが出火原因と見られている。ヒバさんの母親と妹は建物から脱出して病院へと搬送されたが、ヒバさんだけが逃げ遅れてしまった。

 

建物の窓から噴き出す炎と黒煙

窓枠からは2本の足が外に出ている。ヒバさんは窓から外に出ようとして、飛び降りることができなかったと思われる。

消防隊員が放水するが、炎上する建物の中までは届かない。
炎の勢いは収まらず、ヒバさんは生きながら焼かれるのだった。

 

動画はこちらから

 

地元消防のミス!?

地域住民は、今回の火災に対応した消防隊に憤慨している。

 

火災が発生してから消防隊が現場に到着するまで30分以上かかったうえ、建物の中に放水することもできず、はしごの高さも不十分でヒバさんを救出できなかった。このような消防隊に対して「プロ意識の欠如」を非難する声が多く寄せられた。

行政の不手際により未来ある少女の命が無惨に失われたという惨事。ヒバさんの死を無駄にしないためにも、国全体で防災に力を入れることが求められている。