【失敗とは?】~失敗を恐れてしまうのはなぜか?成功するには何が必要か?~|WakuWaku ブログ
生き方

【失敗とは?】~失敗を恐れてしまうのはなぜか?成功するには何が必要か?~

f:id:knowhow-takuma:20180929062416j:plain

 

みなさんこんにちは!knowhow の takumaです(^^)

 

失敗」と聞くとどんなイメージを持ちますか?

恥ずかしい」「恥をかく」「避けたい」などのネガティブなイメージが浮かんでくる人がほとんどだと思います。

 

私もそうでした。

 

ですが、「失敗」とは本当に悪いものなのでしょうか?避けるべきものなのでしょうか?

 

今回は、【失敗とはなにか?】について述べていきたいと思います。

 

 1. 失敗のイメージ

 

 

 

1. 失敗のイメージ
うわ、失敗した!」という言葉は何かがうまくいかなかったり、思っていたことと違うことが起きてしまったりした時に使いますよね。

 

演劇でセリフを噛んでしまった。

 

野球で三振してしまった。

 

料理を焦がしてしまった。

 

テストでミスばかりして低い点数を取ってしまった。

 

仕事で発注ミスをしてしまった。

 

などがあげられます。

 

共通していることは全てネガティヴな意味で使われているということです。

 

そしてその失敗の後には、人に笑われたりガッカリされたり怒られたり罵られたりします。

 

人間であればこういったことをどうしても避けたいと思ってしまいます。

 

もちろん人に笑われたら恥ずかしいし、ガッカリされたら落ち込みますし、怒られたり罵られたりしたら怒りを感じます。

 

そういった失敗のイメージがあるゆえに、人は失敗を恐れてしまい、会議などで発言することをためらったり、今までやったことのないことを始められなかったりします。

 

周りの人の目を気にせずに、失敗を恐れずに行動を起こすことができればどれだけいいことか」と考えたことがある方がほとんどだと思います。

 

 

 

2. 本当の失敗
では、うまくいかなかったことは本当に「失敗」なのでしょうか?

 

私は「失敗」はうまくいかなかった時のことを呼んでいる「ただの名称」だと思っています。

 

うまくいかなかったり、期待していたことと違うことが起きてしまった時のことなんて言おっか?

 

”失敗” なんてどう?

 

みたいな感じで決まっただけだと思います。

 

失敗に対する捉え方はその人の考え方によります。

 

失敗=ネガティヴ、悪いこと」というイメージに支配されないことが大切です。

 

そして、本当の失敗とは「何もしないこと」なのです。

 

目標に向かって一生懸命走っていて転んでしまってもそれは失敗ではありません。

目標に向かってスタートしないことが失敗なのです。

 

「失敗は成功の素」と言いますが、まさにそのとおりです。

私は失敗のことを「成功への加速装置」と呼んでいます。

 

失敗のない成功なんて絶対にありません
成功に向かって走り始めれば必ず転びます。

 

大切なのは自分の考え方です。失敗に対する捉え方です。

 

何もしないままの平坦な人生よりも、失敗や成功のアップダウンがある人生の方が突起が増えて、吸収する面が多くなります。

 

小腸の絨毛のようなものです。

 

避けるべきは、「なにもしないという失敗」です。

さあ、今すぐ走り始めましょう!

 

 

3. 失敗を笑う者、挑戦を止める者
いざ走り始め、転ぶと必ず笑う人やバカにしてくる人、罵ってくる人が出てきます。

 

さらに言うと、自分が走り出そうとすると、「やめときなよ、絶対失敗するから」「あなたじゃてきないよ」と自分の挑戦を止めてくる人が必ずと言っていいほど現れます。

 

誰でもそのようなことをされると嫌な思いをしますし、怒りだって感じます。

そしてもう嫌になって「もうやめようかな」と弱気になってしまうかもしれません。

では、自分の失敗を笑う人や、挑戦を止める人たちはどんな人たちなのでしょう?

 

闘わない人たちです。

 

なにもせず、挑戦をしたことがない人たちです。

 

自分の失敗を笑う人や挑戦を止める人にはそういう人しかいません。

 

中島みゆきさんの歌に「ファイト」という歌があります。

 

その歌では「ファイト!闘う君の歌を、闘わないやつらが笑うだろう ファイト!冷たい水の中をふるえながらのぼってゆけ」と歌われています。

 

まさにそのとおりです。

 

いや、その目標は難しいよ」「その夢は諦めたほうがいいよ」と言ってくる人たちは、実際にその目標や夢に向かって走ったことはありません

 

闘ったことがないのに、「無理だよ」と言ってきます

 

そんな言葉に惑わされてはいけません

 

誰かの失敗を笑ったり、挑戦を止める人たちは、「なにもしない真の失敗者」です。

 

そんな人たちの言葉に振り回されてはいけません

 

あなたはあなたの道を進めばいい。例え転んだとしても何回でも立ち上がればいいのです。いつか必ずゴールに到達できます。

失敗にはネガティヴなイメージがありますが、それは自分の考え方次第です。

 

そして本当の失敗とは「なにもしないこと」です。

 

失敗者の言葉に惑わされることなく、自分のやりたいこと、目標、夢に向かって突っ走っていきましよう。

以上、【失敗とは?】~失敗を恐れてしまうのはなぜか?成功するには何が必要か?~について述べさせていただきました。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします。