【私の手帳術】~仕事・ビジネスに活かせる書き方、自己啓発のためのノート術~|WakuWaku ブログ
仕事

【私の手帳術】~仕事・ビジネスに活かせる書き方、自己啓発のためのノート術~

 

f:id:knowhow-takuma:20181121220313j:plain

 

みなさんこんにちは!knowhow の takumaです(^ ^)

 

みなさんは手帳をお持ちですか?

スケジュール管理を手帳でしている方も多いと思いますが、スケジュール管理以外にも様々な手帳術があるので、今回は私が実際に書いている手帳術についていくつかご紹介したいと思います。

 

 

1. 私の使っている手帳
私が今使っている手帳は、(株)ライフデザインパートナーズさんが出している「ライフデザインブック」です。

f:id:knowhow-takuma:20181121220349j:plain

赤い色が冴え渡る手帳で、ネットなどで買うことができます。

 

この手帳はただのスケジュール管理の手帳ではなく、「人生はデザインするもの」をコンセプトに、自分の人生を自分で作ることができるような手帳になっています。

 

いくつか特徴があるので、各項目ごとに、私の実際のやり方とともに手帳の特徴を説明していきたいと思います。

 

 

 

2. 月ごとのスケジュール管理
手帳と言えばスケジュール管理ですね。

この手帳にももちろん月ごとのカレンダーがあり、自分の予定を管理することができます。

それぞれの日が上下2段になっているので、私は上の段は仕事下の段はプライベートと決めて書き込んでいます。

f:id:knowhow-takuma:20181121220551j:plain

さらに、色分けをしてわかりやすくしています。

例えば、仕事の予定は青にし、プライベートの予定は赤にするなどにすれば一目で、「仕事しすぎだな」とか「プライベートの予定がなくて自分に余裕がなくなってるな」などの自分の状況を把握することができます。

 

 

 

3. 目標を書く
この手帳は「目標を書くこと」を大切にしています。
年始に「今年の目標」を設定する人はいると思いますが、「月ごとの目標」を立てている人は少ないと思います。

目標を設定することは非常に大切なことで、自分のゴール地点が見えるので、日々やることに意義を持つことができます

 

今年の目標
手帳の5ページ目に「2018年のテーマ設定」があります。

ここでは、「今年の漢字1字」を書き、書いた理由を書きます。

漢字とともに「今年の座右の銘」を決め、その理由も書き込みます。

f:id:knowhow-takuma:20181121220848j:plain

次のページには、「2018年年間目標ベスト10」を書き入ることができます。

 

年間目標は設定するだけで満足してしまいなかなかみないものですが、手帳の中にあるので、事あるごとに見直すことができます

年間の目標は大晦日に設定します。

 

第21回日本文具大賞グランプリ受賞の2019年版EDIT大好評販売中!
★1冊送料無料

 

月ごとの目標
月ごとの目標は、目標を書くとともに、その目標達成のために具体的に何に取り組むのか?何をテーマに取り組んでいくか?を書き込み、週ごとの行動計画も立てます。

かなり細分化された目標設定ですので、より有意義な行動をとることができるようになります。

f:id:knowhow-takuma:20181121220934j:plain

月ごとの目標は、月が始まる前日に目標設定をします。

また、先月の振り返りもかけるので、次に活かすことができます。

 

 

週ごとの目標
週ごとの目標を書くところがあります。週ごとの目標を書く人はなかなかいないと思いますが、自分の目標の期間を細分化することで行動が変わってきます。

日曜の夜に月曜からの目標(今週のテーマ)を書くとともに、1週間の振り返りも書きます。

f:id:knowhow-takuma:20181121221011j:plain

 

 

毎日の目標
週ごとの目標のページには毎日の目標を書くところがあります。

日にちごとに分かれており、いわば「to do リスト」です。
これやらなきゃなー」となんとなく頭で思っているだけでは忘れてしまいますし、行動意欲があまりわきません。

f:id:knowhow-takuma:20181121221048j:plain

可視化することですべきことが見えてきます。

また、やるべきことが終わった時にチェックを入れると案外気持ちいいものです。

 

 

 

4. 日記
この手帳には日記のページもあります。
上記した週ごと、毎日の目標のページと同じところです。

 

日記用のページというわけではありませんが、私は日記のページとして使っています

自分が1日したことを振り返ることで、次に活かすことができますし、習ったことや勉強になったことの復習にもなるので、自分の能力を伸ばすことができます。

f:id:knowhow-takuma:20181121221125j:plain

私は寝る前に書くようにしています。

 

 

 

5. メモ帳
手帳の後半にはメモ帳のページが多くあります

f:id:knowhow-takuma:20181121221259j:plain

何を書くかは自由ですが、私は自分磨きのために活用しています。

自分の人生の100の目標」も書いていますし、「自分と家族の好きなことリスト」なども書くことにより、可視化しています。

自分の目標などを可視化することによって、客観的に自分を見れるようになるので、頭で考えるだけの目標設定よりも断然効果があります

また、この可視化に繋がることですが、「自分への質問」もこのメモ帳を使ってしています。

書くことによって今まで知らなかった自分が見えてきます
※書くことの大切さの記事はこちらから

knowhow-takuma.hatenablog.com

 

俺ってこんなこと好きだったんだ」「こんなことやりたいんだ」などが見えてきます。

そんな書くだけでまさか!と思いますが、本当です。
ぜひ試してみてください。

 

 

 

6. その他
この手帳には便利な機能がもう一つあります。
それは、ブックマークが3本あることです。

 

f:id:knowhow-takuma:20181121221329j:plain

 

私は、1本は月ごとの目標のページ、2本目は週ごとの目標のページ、3本目は月ごとのスケジュール管理のページに挟み、すぐ開けるようにしています。

とても便利です。

 

 

以上、【私の手帳術】~仕事・ビジネスに活かせる書き方、自己啓発のためのノート術~でした。

 

今回も読んでいただき、ありがとうございます。

また次回もよろしくお願いします。